アートと和菓子

DIC川村記念美術館「ジョセフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」 に行ってきました。コーネルさんを初めて知ったのは29年前のニューヨーク近代美術館MoMAのライブラリーコーナー。30才を目前にして「自分探しの旅」に出かけた私がふと立ち寄った美術館でなんとなく手に取った作品集でした。
ジョセフ・コーネルはニューヨークの古書店や雑貨店で手に入れたお気に入りの品々を、手製の木箱に立体コラージュした作品で有名な方です。と言っても日本ではメジャーではないので日本での露出はほとんどないのです。この展示会の情報をくれたのは私の学生時代からの親友かりぶさん。以前コーネルさんの作品のことを話したのをちゃんと覚えてくれていたのね。持つべきものは親友だ!というわけでコーネルさんの作品を堪能した後に、なんと「コーネル和菓子」なるものを冷たい抹茶とともに味わえるという素晴らしい体験をしたのでした。寒天で作った透明感のある錦玉が、コーネルワールドを見事に再現!多分、コーネルさんも大いに気に入ったと思います。この美術館は時々展示物に合わせてオリジナル和菓子をプロデュースしているので、アートと和菓子が好きな方は是非!