旅の記憶 Part 1(京都編)

京都に素晴らしいホテルがあります。その名も「GOOD NATURE HOTEL ! 」
京都河原町の好立地にありながら、食、肌に触れるものから空間まで全てにおいて、GOOD NATUREを体感できる
心地よいホテルです。このホテルの中にGOOD NATURE STATION という「信じられるものだけを、美味しく、楽しく」というコンセプトのライフショップがあり、その一角にチョコレートショップ「RAU」があるのです。まるでチョコレートの美術館のようなワクワクするディスプレイ!そもそもウチの主人が宿泊してお土産に買ってきてくれたチュイールサンド(Nami-Nami)を味わった時にイナズマがビビッと走ったのがご縁のはじまり!でも実際にショップに足を踏み入れたときの感動も忘れられません。ここのチョコレートたちは西洋と東洋の融合、を超えた近未来のアート作品みたいに神々しいのです。
なんでもカカオの産地をコスタリカに限定して、先住民族「ブリブリ族」の知恵(発酵のプロセスやブレンドの調整など)にインスピレーションを得て制作しているのだとか。カカオの皮も乾燥させてコーヒーに混ぜたりとことんロスを省いたSDGs的な徹底ぶり、素晴らしいです!SDGsとアートと美食の三位一体!京都に行かれたら是非訪れてみてください。