旅の記憶Part2(宇治編)

抹茶の里、宇治を訪れました。まずは老舗らしい店構えの中村藤吉本店にて昼食を。最初に水出し番茶が運ばれてきてワクワク感が止まりません!注文したのは有名な抹茶ゼリーがついている「きつねうどんセット」。上品な出汁が油揚げとたっぷりのネギを引き立てていて旨い!下品なまでにあっという間に完食(笑)からのおー、抹茶ゼリー❤︎美味でございました。宇治茶は静岡茶、狭山茶と並んで「日本の三大茶」と言われていてその歴史はなんと室町時代まで遡れるのです。宇治抹茶は抹茶の原料となる碾茶を遮光する覆いをして大切に育てられます。(被覆栽培)さらに、茶葉を丁寧にすりつぶしてパウダー状にしたものが抹茶なので栄養価も最高潮!カテキン、ポリフェノールなど免疫力アップも期待できます。ひょっとして、宇治市民はコロナにかかりにくかったりして?そうそう、「茶摘みさん募集」の看板は一回通り過ぎて、わざわざ戻って撮った渾身の一枚(笑)自然の中で茶摘みしてみたーい❤︎