●いっぷくラボって何?

抹茶は好きだけどどうやって点てるの?という声をよく耳にします。抹茶=茶道というイメージが強く、少しハードルが高いと思っている方が多いようです。いっぷくラボは「気軽に点てる抹茶スタイル」と「和菓子のワークショップ」などを開催して「抹茶と和菓子のあるマインドフルネスな暮らし」をご提案いたします。


●いっぷくラボの茶道は何流?

現在の茶道の歴史は約420年以上前に、千利休さんが侘び茶を確立したところから始まります。今まで粛々とお茶室で営まれていた茶道は、残念なことに現代では生活様式の変化から衰退しつつあります。茶道という文化が衰退すれば、例えば抹茶を点てる茶道具の職人、産業自体も消滅してしまい、ここから先の未来に日本人の築いた素晴らしい美意識が途絶えてしまう事にもなりかねません。そこでいっぷくラボでは今までの茶道をリスペクトしつつ、新しいハッピーな抹茶スタイルの世界をご提案させていただきたいと思います。地球と日本文化と私たちのウェルビーイングな未来に向かってGO!


●いっぷくラボの主宰者は?

主宰*石川チエコ
短大卒業後、百貨店のディスプレイ、テーブルコーディネイターとして活動、その後「原宿 生活劇場」食器デザイナーを経て、2001年英国コーンウォール地方にあるSeth Pottery Schoolにて陶芸を学ぶ。2017年、茶道に目覚める!と同時に和菓子に目覚める!2019年ニールズヤード「マインドフルネス講師養成講座」ディプロマ習得。2匹の黒猫と美味しいものと抹茶と和菓子と旅を愛して現在に至る。(愛してるものがたくさん!笑)